カードローン

カードローンと消費者金融の違い

カードローンと消費者金融は、基本的に同じ金銭賃借になりますが、消費者金融は審査に通れば申し込んだ額の金銭を貸しますが、カードローンの場合は審査に通ればカード一枚発行されるのみです。貸し出し限度額が設定されたカードになりますので、限度額内であればいつでもお金を借りることが可能です。

では、どちらが便利で借りやすいのでしょうか?これは利用目的にもよります。今すぐにお金が必要でなくても、カード一枚作っておけば急なお金の入り用の際に便利になると考える人は、カードローンのほうがいいでしょう。逆に今すぐお金が必要な人は、即日融資が可能な消費者金融が合っているでしょう。

0

金利の違い

基本的にカードローンは大手銀行系の金融業者が発行していますので、消費者金融よりは低金利になっています。消費者金融でも大手銀行系列であれば、年利5%以内の低金利で借りれますが、殆どの中小消費者金融であれば法定金利で決められた18%に設定されています。

したがって、同じ借りるのであれば、カードローンのほうがお得ということになります。

0

審査の違い

大手銀行系カードローンの場合、審査基準は厳しく設定されています。もしも現在他社からの借り入れが複数あるような方は、審査に通りませんので大手のカードローンは回避されたほうが無難です。

同じく大手の消費者金融でもカードローンと同じくらい審査は厳しくなっていますので、借り入れ件数が3件以上あるような方は、中小の消費者金融を選ぶ以外に手立てはないでしょう。

中小でも審査に通らないような多重債務者の方は、更に規模の小さい街金が対象となります。スポーツ新聞の広告に掲載されていますので、どうしてもお金が必要な方は、探してみるといいでしょう。

当サイトの概要